巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

今日の散歩

今日の散歩

since2009.6.29

月20日1回14,000歩10kmを歩くのが目標

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

a:13830 t:1 y:2

途中の出会い(花・鳥・虫等)

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

10月26日(月)晴れ 朝の室温 23°C

今日の出会い 初めてのコバノセンナ

 玄関先の道端に黄色い花が咲いて居た。
 初めて見るマメ科の花だ。
 調べたらコバノセンナという花だった。
 黄色が美しいので撮らせてもらった。

コバノセンナ

  •   ・マメ科カワラケツメイ属コバノセンナ種
  •   ・蔓性
  •   ・木本
  •   ・常緑
  •   ・花期 10月から12月

10月25日(日)晴れ 朝の室温 23°C

今日の出会い


10月25日(日)晴れ 朝の室温 23°C

今日の出会い 初めての狸

tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


tanuki10.22


 堤防下でノビタキを待って居た。
 70mから80m位離れた所を何かが歩いて来る。
 野良猫かと思いながらファインダーを覗いて見た。
 瞬間的に狸だと思った。
 今までに実物は動物園でしか見た事は無い。
 少し近づくのを待って撮った。

10月25日(日)晴れ 朝の室温 23°C

今日の出会いhttps://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/ad52482f68b562978ce68805b5c1d1d0


10月24日(土)晴れ 朝の室温 24°C

今日の出会い 薄いピンクの木立朝鮮朝顔

kodatityousenasagao10.22


kodatityousenasagao10.22


画像の説明


kodatityousenasagao10.22


 薄いピンクの木立朝鮮朝顔。
 今年二度目の開花だ。
 霜枯れをしなければもう一度は咲く。

木立朝鮮朝顔

  •   ・ナス目ナス科キダチチョウセンアサガオ属
  •   ・ヒヨスチン、スコポラミンの成分を持つ毒草の一種
  •   ・初めは黄色の花だが次第に橙色になる
  •   ・ピンクや白い花もある
  •   ・木立朝鮮朝顔と書いて「キダチチョウセンアサガオ」と読む種類と「コダチチョウセンアサガオ」と読む種類がある
  •   ・「キダチチョウセンアサガオ」は萼(がく)が浅く五裂し、「コダチチョウセンアサガオ」は萼(がく)が深く二から三裂する

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「薄いピンクの木立朝鮮朝顔」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/538ba618af08def0a9d8e6588d221c5e


10月23日(金)雨後曇り 朝の室温 23°C

今日の出会い やっぱりノスリ

nosuri9.30


nosuri9.30
nosuri9.30


nosuri9.30


nosuri9.30


 体色が白く足の脛(すね)も羽毛に覆われているノスリ。
 ひょっとしたらケアシノスリかなと期待した。
 姿かたちは全くケアシノスリと同じだ。
 いろいろ調べたら普通のノスリだった。
 ケアシノスリは尾羽を広げた時、尾羽の先端に近い所に茶色の線がある。
 此のノスリは尾羽は薄茶一色だった。

ノスリ

  •   ・タカ目タカ科ノスリ属ノスリ種
  •   ・中央、南シベリア、モンゴル、中国、日本に生息
  •   ・夏季は亜寒帯や温帯域で繁殖し、冬季は熱帯や温帯に渡り越冬
  •   ・日本では北海道、本州中部以北、四国の山地で繁殖、繁殖地では留鳥

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「やっぱりノスリ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/b8746954cbd392d941c0d0553cc57b71


10月22日(木)晴れ 朝の室温 23°C

今日の出会い 紫のノボタン

nobotan10.21


nobotann10.21


nobotan10.21


nobotan10.21


 紫のノボタン。
 花の色、形は紫紺ノボタンとそっくりで区別が難しい。
 ノボタンの雄しべ、雌しべは全体が白い。
 紫紺ノボタンの雄しべ、雌しべは全体が紫がかって居る。
 草丈はノボタンは低いが紫紺ノボタンは高い。

野牡丹(ノボタン)

  •   ・ノボタン科ノボタン属ノボタン種
  •   ・熱帯地域原産
  •   ・常緑の低木
  •   ・日本には南西諸島や小笠原諸島に4属7種が分布

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「紫のノボタン」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/4e37ca62e1b5b52470fd621a646e086e


10月21日(水)晴れ 朝の室温 22.5°C

今日の出会い 堤防のノビタキ(2)

nobitaki10.20


nobitaki10.20


nobitaki10.20


nobotan10.21


nobitaki10.20

 堤防にノビタキが再度来ていた。
 セイタカアワダチソウに留まったノビタキが撮りたかった。
 一度セイタカアワダチソウにノビタキが留まった。
 慌てて撮ったが露出、ピントが甘かった。
 くっきり、しゃっきりのセイタカアワダチソウ&ノビタキは次回に持ち越し。

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「堤防のノビタキ(2)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/f804f6f4ea63c2dc0406f0895af46219


10月20日(火)雨後曇り 朝の室温 22.5°C

今日の出会い セイタカアワダチソウ

seitakaawadatisou10。18


seitakaawadatisou10.18


seitakaawadatisou10.18


seitakaawadatisou10.18


seitakaawadatisou10.18


 セイタカアワダチソウがあちこちで満開だ。
 花の余りないこの時期、黄色い花が野山を彩る。
 日本ではブタクサと混同された時期がある。
 今でもセイタカアワダチソウをブタクサだと思って居る人がいる。
 野鳥のベニマシコの好物の花だ。
 結実した綿毛状の実はベニマシコの冬の食糧

 セイタカアワダチソウ
 ・キク科アキノキリンソウ属セイタカアワダチソウ種
 ・北アメリカ原産

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「梢セイタカアワダチソウのカケス」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/b054be71259ce9dc15d2a339246fdc29


10月19日(月)雨後曇り 朝の室温 22.5°C

今日の出会い 梢のカケス

kakesu10.16


kakesu10.16


kakesu10.16


kakesu10.16


kakesu10.16


kakesu10.16


 カケスの全身が見える写真が撮りたくてR大学の公園に行った。
 カケスが公園のあちこちでギイ、ギイと鳴いていた。
 ドングリの木の中に居るのはちらちら見えるが全身は見えない。
 時々低い枝に留まって全身が見えるが、撮ろうとするとチョンと姿を隠す。

カケス

  •  ・スズメ目カラス科カラス属カケス種
  •  ・アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布
  •  ・日本では九州以北で繁殖する留鳥
  •  ・日本の北部に生息するものは、冬季南下する
      (Wikipediaより)

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「梢のカケス」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/b4c9fad5f9bc6702a5f344b96f730545


10月18日(日)雨後曇り 朝の室温 23.5°C

今日の出会い 色変わりする醉芙蓉

suifuyou10.18


suifuyou10.18


suifuyou10.18


suifuyou10.18


suifuyou10.18


suifuyou10.18

 昼頃通りかかったら酔芙蓉が咲いて居た。
 真っ白い花から濃いピンクまで変色の過程が見られた。
 咲き始めは純白で時間が経つに従ってピンクに変わっていく。
 濃いピンクは昨日の花だ。

スイフヨウ(酔芙蓉)

  •   ・アオイ科フヨウ属
  •   ・朝方は白い花が咲き段々酔ったようにピンクに成って萎んでいく。
  •   ・一日花

ブログ「atakaの趣味悠久Ⅱ」の「色変わりする醉芙蓉河原の藪のキビタキ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/rurikiku124/e/7e56f97c5c2df555ae10724aeb7d8e73




今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
今までの途中の出会いはここをクリックすると見られます

9月のウォーキングは天候不順やコロナウェルスの影響があって20日しか出かけなかった。

歩いた距離は153Kmで200Kmはを達成できなかった。 

9月もコロナウェルスの感染予防の為、天気の良い日は中旬までは近くの水路へカワセミ撮りに出かけた。下旬は堤防へノビタキ撮りに出かけた。

撮った野鳥はカワセミ、ノビタキ、モズ、エゾビタキ

花は夏の花が引き続き咲いて居るが、秋の花も咲き出した。

風船カズラ、オイランソウ、マリーゴールド、イチビ、タマスダレ、花ショウガ、ヒガンバナ、朝顔、ツユクサ

天気の悪い日、南風の強い日はウォーキングで10kmを目指して歩いた。

サシバを撮りに毎日出かけたがサシバには出逢わなかった。

花は夏の花が引き続き咲いて居るが、秋の花も咲き出した。

風船カズラ、オイランソウ、マリーゴールド、イチビ、タマスダレ、花ショウガ、ヒガンバナ、朝顔、ツユクサ

a:13830 t:1 y:2

散歩コース・・・自宅ー江戸川遊歩道ー自宅

今日の散歩歩数 2020年(10月)・・・1400歩/km

回数 月 日曜日歩数キロ数
11014,4003.1
210212,5008.9
310310,6007.6
410612,1008.6
51076,7004.8
6101014,50010.4
710128,2005.9
8101310,8007.7
910142,9002.1
10101513,6009.7
1110169,4006.7
12101811,9008.5
1310206,1004.4
1410216,2004.4
1510228,2005.9
1610246,6004.7

前月の散歩状況はここをクリックすると見られます

月別散歩日数と総歩数  2020年度

日数総歩数キロ数
20214,200153
24232,400166
18154,000110
18196,000140
22285,560204
20214,200153

前年度の散歩状況はここをクリックすると見られます

''今までの途中での出会の写真は下のスライドショウでご覧ください。"

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックすると全画面表示になります

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックして全画面表示にした時は元に戻すにはEscキーを押す

BORG89EDレンズで撮ったキクイタダキ(2015年)のスライドショウ (1)

https://blog.goo.ne.jp/photo/368592?fm=usch


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2015年)のスライドショウ (2)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ (2)

ベニマシコ、ウグイス、コゲラ、ハチジョウツグミ、カワセミ、ミコアイサなどの写真

https://blog.goo.ne.jp/photo/320356?fm=pchnx


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ(1)



松戸市「21世紀の森」で出会った野鳥(2013年)のスライドショウ

江戸川周辺の野鳥3 のスライドショウ


江戸川周辺の野鳥2 のスライドショウ

途中の花6(2012年)のスライドショウ


途中の花5(2012年)のスライドショウ


途中の花4(2012年)のスライドショウ


途中の花3(2012年)のスライドショウ


途中の花2(2011年)のスライドショウ


途中の花1(2011年) のスライドショウ




ウォーキング集計

2018年度のウォーキングの集計  総距離1,795km

2017年度のウォーキングの集計  総距離1,636km

2016年度のウォーキングの集計  総距離1,735km

2015年度のウォーキングの集計  総距離1,955km

2014年度のウォーキングの集計  総距離2,483km

2013年度のウォーキングの集計  総距離2,537km

2012年度のウォーキングの集計  総距離2,706km

2011年度のウォーキングの集計  総距離2,662km

2010年度のウォーキングの集計  総距離2,433km

2009年度のウォーキングの集計  総距離2,687km

2008年度のウォーキングの集計  総距離2,500km


       11年間の総計       25,129km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬地図上直線距離

                     1,888km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬 道路+フェリー距離

                     2,960km

地球の赤道の周りの距離   40,054km 

まだ14,925Km残っている。

この11年間のウォーキング距離は大体北海道~鹿児島を6.7 往復した感 じ


a:13830 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花