巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

今日の散歩

今日の散歩

since2009.6.29

月20日1回14,000歩10kmを歩くのが目標

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

a:11987 t:3 y:3

途中の出会い(花・鳥・虫等)

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると更に拡大します。

写真の上にカーソルを置き、左クリックすると次の写真に進みます。

拡大した写真の右下のCLOSEをクリックすると元に戻ります。

9月20日(金)晴れ 朝の室温 27°C

今日の出会い 紫紺野牡丹

sikonnobotan9.17


sikonnobotan9.17


sikonnobotan9.17


sikonnobotan9.17


 農家の裏に紫紺野牡丹が咲いて居た。
 毎年今頃から晩秋まで咲く花だ。
 晩秋には根こそぎ刈り取られるが
 毎年新しく芽が出、成長し茂る多年草だ。

紫紺野牡丹

  •  ・フトモモ目ノボタン科シコンノボタン属シコンノボタン種
  •  ・中南米原産 常緑低木
  •  ・一日花
  •  ・ノボタンに似ているが長いオシベも短いオシベも皆紫なのが紫紺野牡丹。

ブログ「atakaの趣味悠久」の「紫紺野牡丹」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/2564e3b74f10027e0098b3f931bac082


9月19日(木)晴れ 朝の室温 28°C

今日の出会い 森のコサメビタキ(2)

kosamebitaki9.17


kosamebitaki9.17


kosamebitaki9.17


kosamebitaki9.17


kosamebitaki9.17

 森にエゾビタキに交ってコサメビタキが居た。
 以前はコサメビタキの方が多かった。
 今年はエゾビタキが目立つ。
 コサメビタキは胸が殆ど白か薄い灰色。
 エゾビタキは胸に縦の稲妻模様。

コサメビタキ

  •  ・スズメ亜目ヒタキ科サメビタキ属コサメビタキ
  •  ・インドから日本までのアジア各地に分布
  •  ・夏季にシベリア南部、朝鮮半島、ヒマラヤ山脈にて繁殖
  •  ・冬季にユーラシア南部、インドネシア、フィリッピンに南下
  •  ・日本では標高1、800m以下の広葉樹林で繁殖

ブログ「atakaの趣味悠久」の「森のコサメビタキ(2)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/391f8b1dbb4fedb1534d32604cf158ea


9月18日(水)曇り後雨 朝の室温 29°C

今日の出会い 白いタマスダレ

tamasudare9.17


tamasudare9.17


tamasudare9.17


tamasudare9.17


tamasudare9.17


 白いタマスダレが密集して咲いている。
 道脇に毎年咲く群落が数カ所ある。
 ピンクのサフランモドキも同じ仲間だ。
 サフランモドキの方はこんな群落は見られない。
 白いタマスダレは繁殖力が強い様だ。

タマスダレ

 ・ユリ目ヒガンバナ科タマスダレ属タマスダレ種
 ・アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、ペルーに分布
 ・白、黄色、ピンクの花が有る
 ・ピンクの花のものはサフランモドキと呼ばれている
 ・日本には1870年頃渡来
     (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「白いタマスダレ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/711c75ed48187ccb2570d8992a6fb6e1


9月17日(火)晴れ 朝の室温 29°C

今日の出会い 戻りのサンコウチョウ(2)

sankoutyou9.15


sankoutyou9.15


sankoutyou9.15


sankoutyou9.15


sankoutyou9.15


 森のサンコウチョウ。青いアイリングが無い。
 成鳥ならアイリングが青いので幼鳥だと思われる。
 暗い所が好きな鳥だが明るい所に出て来た。
 森のあちこちを移動して忙しく飛び回って居る。

サンコウチョウ

 ・カササギヒタキ科サンコウチョウ属サンコウチョウ種
 ・日本、台湾、フィリッピンのバタン島とミンダナオ島に分布
 ・日本には夏飛来し繁殖
 ・日本で繁殖した固体の多くは冬季中国南部、スマトラに渡り越冬する
 ・食性は昆虫食で林内で飛翔中の昆虫を捕食する
     (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「戻りのサンコウチョウ(2)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/57a1fefc6122c6890b8565d13b527092

9月16日(月)曇り 朝の室温 29°C

今日の出会い ペンタスのオオスカシバ

oosukasiba9.10


oosukasiba9.10


oosukasiba9.10


oosukasiba9.10


oosukasiba9.10


 赤いペンタスにオオスカシバが来た。
 毎年アベリアで撮るオオスカシバだ。
 今年はアベリアが刈り込まれて花が無く成っていた。
 今年は諦めて居たオオスカシバだ。

オオスカシバ

  ・スズメガ科ホウジャク亜科Dilophonotini族Hemarina亜族オオスカシバ属オオスカシバ
  ・日本、インド、スリランカ、東南アジア、中国に分布
  ・食草はクチナシ
  ・羽化直後は翅に燐粉が付いているが、直ぐはがれて透明な翅になる

ブログ「atakaの趣味悠久」の「ペンタスのオオスカシバ」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/d7eec8fbd7b61f617334868b15c6bd44


9月15日(日)晴れ 朝の室温 29°C

今日の出会い 森のエゾビタキ(2)

ezobitaki9.15


ezobitaki9.12


ezobitaki9.12


ezobitaki9.12


ezobitaki9.12


 森の木に小さな鳥が飛び交っている。
 時々他の小さな鳥を追い回す。
 胸に縦筋模様がある。
 紛れも無いエゾビタキだ。

エゾビタキ

  ・スズメ亜目ヒタキ科サメビタキ属エゾビタキ種
  ・夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャッカ半島で繁殖
  ・冬季はフィリッピン、セレベス島、ニューギニアへ南下
  ・日本へは春と秋に旅鳥として飛来
  ・食性は動物食中心で飛んで居る昆虫を空中捕食
  ・小さな木の実もたべることがある
    (Wikipedia)より

ブログ「atakaの趣味悠久」の「森のエゾビタキ(2)」へはここから入れます。

https://blog.goo.ne.jp/wtn1948/e/0f1f7e51aefd6e414514cce137ba4dc9

今までの途中の出会いのブログの抄録はここをクリックすると見られます
今までの途中の出会いはここをクリックすると見られます

8月のウォーキングは17日歩き、110Kmだった。

8月は雨模様の日が多く、出かけた日は17日だった。

8月は堤防でセッカを待って居たり、いつも行っていた公園の川寄りの池にカワセミを撮りに行った。

8月は森には殆ど行かなかった。

花はアメリカフヨウ、タイタンビカス、蓮、桔梗、露草など。

a:11987 t:3 y:3

散歩コース・・・自宅ー江戸川遊歩道ー自宅

第一ルート  幸房の渡し(流山市)<--->日大歯学部近辺(松戸市)

第二ルート  幸房の渡し<--丹後の渡し-->矢河原の渡し

今日の散歩歩数 2019年(9月)・・・1400歩/km

回数 月 日曜日歩数キロ数
1927,2005.1
29413,7009.8
39513,6009.7
4967,4005.3
5976,0004.3
6988,5006.1
79913,9009.9
89108,6006.1
99126,9004.9
109158,4006.0
1191711,3008.1

前月の散歩状況はここをクリックすると見られます

月別散歩日数と総歩数  2019年度

日数総歩数キロ数
25211,680151
23211,680151
18189,000135
21238,700171
17154,420110

前年度の散歩状況はここをクリックすると見られます

''今までの途中での出会の写真は下のスライドショウでご覧ください。"

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックすると全画面表示になります

各スライドショウの右端の×印のマークをクリックして全画面表示にした時は元に戻すにはEscキーを押す

BORG89EDレンズで撮ったキクイタダキ(2015年)のスライドショウ (1)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2015年)のスライドショウ (2)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ (2)


BORG89EDレンズで撮った野鳥(2014年)のスライドショウ(1)



松戸市「21世紀の森」で出会った野鳥(2013年)のスライドショウ

江戸川周辺の野鳥3 のスライドショウ


江戸川周辺の野鳥2 のスライドショウ

途中の花6(2012年)のスライドショウ


途中の花5(2012年)のスライドショウ


途中の花4(2012年)のスライドショウ


途中の花3(2012年)のスライドショウ


途中の花2(2011年)のスライドショウ


途中の花1(2011年) のスライドショウ




ウォーキング集計

2018年度のウォーキングの集計  総距離1,795km

2017年度のウォーキングの集計  総距離1,636km

2016年度のウォーキングの集計  総距離1,735km

2015年度のウォーキングの集計  総距離1,955km

2014年度のウォーキングの集計  総距離2,483km

2013年度のウォーキングの集計  総距離2,537km

2012年度のウォーキングの集計  総距離2,706km

2011年度のウォーキングの集計  総距離2,662km

2010年度のウォーキングの集計  総距離2,433km

2009年度のウォーキングの集計  総距離2,687km

2008年度のウォーキングの集計  総距離2,500km


       11年間の総計       25,129km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬地図上直線距離

                     1,888km

北海道北端宗谷岬~鹿児島南端佐多岬 道路+フェリー距離

                     2,960km

地球の赤道の周りの距離   40,054km 

まだ14,925Km残っている。

この11年間のウォーキング距離は大体北海道~鹿児島を6.7 往復した感 じ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花