巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

FrontPage

トシのウォーキング&晴耕雨読

a:92909 t:22 y:31


since 2009.6.29  

文字サイズ:

メロンとゴーヤ


このウェブサイト(ホームページ)はウォーキング、ウォーキングで出会った花、野鳥、黒岩涙香の小説の私の口語訳、その他を掲載します。

黒岩涙香の作品の詳細は黒岩涙香作品集でごらんください。

現在進行中の黒岩涙香の作品

バアサ・エム・クレイ女史の「人の妻」を3月2日より連載開始しました。

naina5.10

人の妻 (扶桑堂)

作者 バアサ・エム・クレイ女史 黒岩涙香 訳 トシ 口語訳

新聞「萬朝報」に明治33年(1900年)11月10日から明治34年(1901年)3月16日まで連載されたもので、作者 バアサ・エム・クレイ女史の「女のあやまち」の訳です。

原文が難しい漢字や漢字の当て字を多く使っていること以外は、殆んど現代文に近い文章なので、漢字の当て字は当て字で無い漢字に直し、難しい漢字はなるべく使わず、現代文に直しました。


「人の妻」を4月2日に、本編二十二まで掲載しました。

人の妻 (扶桑堂)   あらすじ 2

天文学者 大津博士の息子波太郎と豪州で結婚して、子供が生まれたが、波太郎が豪州で列車事故に巻き込まれ死亡したため、子供を抱えて生活に困った波太郎の妻槙子が、大津博士の援助を得て英国に戻って来た。

大津博士の次女輪子を、嫁にするかどうか見極めようとして居た没落貴族の男爵伴野丈夫は、大津博士に頼まれて、豪州から帰って来る槙子を迎えにロンドン港に行き、槙子を出迎えたが、槙子の美しさに見とれてしまう。

槙子に一目ぼれをしてしまった男爵伴野丈夫は、槙子が大津博士の息子波太郎の未亡人である事に嫌悪感を持つが、槙子の美しさと人柄の良さに益々惚れ込む。

槙子の方も身寄りの無い自分に、親切にして呉れる丈夫にどんどん好感を持って行く。

伴野丈夫は槙子が遊び人波太郎の妻だったことにこだわって、自分の妻には絶対出来ないと考えて居た。

遊び人波太郎の妻だった槙子を思わない事にしようと、自分に無理強いをして居る丈夫だが、結局槙子への思いが捨てきれず、槙子に結婚を申し込む。

槙子は丈夫に何か自分の秘密を言いそびれ、打ち明けなければ、打ち明けなければと思いながらも、打ち明けられずに過ぎてしまう。




人の妻 (扶桑堂)   あらすじ1

親の道楽で伴野荘という代々伝わる膨大な地所を手放さざるを得なくなった、英国の男爵伴野丈夫(じょうぶ)。

一刻も早く伴野荘を取り戻そうと、母御と共に借金の返済の為に奮闘している。そんな時に、天文学者の大津博士から、死んだ放蕩息子の嫁が、孫を連れて豪州から帰って来るので、ロンドン港に迎えに行く様頼まれる。

男爵伴野丈夫は大津博士の二女の輪子に言い寄られて居て、輪子と結婚をするかどうかを考慮中なのだ。

伴野丈夫はロンドンに用事があって行く序(ついで)に、大津博士の死んだ息子波太郎が豪州に残した妻槙子とその子供を迎いに行き、槙子が絶世の美女であることを知る。

丈夫は槙子に魅かれて行き、素性がはっきりしない波太郎の未亡人の槙子に結婚を申し込む。

槙子は何かを隠したまま、丈夫と結婚する。

雨読のページ

黒岩涙香の作品

◎明治の言葉、漢字の当て字、文体なので、なるべく原文の調子を崩さない様に、誰でも読める様に直しました。

既にUP済みの作品

1.鉄仮面 ・・・鉄仮面は誰か

2.白髪鬼 ・・・白髪鬼となり復讐へ

3.野の花 ・・・田舎育ちが貴族に嫁いで

4.巌窟王 ・・・泥埠の土牢から脱出して 

5.如夜叉 ・・・「まあ坊」憎さに娘を傷付けてしまう三峯老人 

6.妾(わらは)の罪 ・・・殺人の汚名を着せられる古池華藻嬢 

7.嬢一代・・・・「血を見る敵」と言い残して立ち去ったイリーン嬢。

8.武士道・・・・敵方の縄村中尉に恋してしまう弥生。

9.悪党紳士・・・誰だか分からない敵におびえるお蓮。

10.捨小舟・・不倫を疑われ男爵家を去る園枝。

11.美人の獄・・・夫毒殺の容疑で逮捕される雪子。

12.島の娘・・・島の娘が発奮して自分を磨き、思いを遂げる。

13.噫無情・・・幾等善行をしても報いられない生涯を送る戎瓦戎(ヂャンバルヂャン)。

14.活地獄・・・200万フラン(28億円)を贈るという遺言状を残された柳條。遺言状の獲得を廻って争いが。

15.決闘の果・・・いつの世にもある美貌の毒婦の元祖森山嬢

16.女庭訓・・・貧困に耐え兼ね伯父の遺産に目が眩む文子

17.人外境(黒きビーナス)・・・夫の死亡の知らせを受け、アフリカに行く事にする芽蘭(ゲラン)男爵夫人。

詳しくはここから黒岩涙香作品集

「ゲストとトシのフォトサロン」

「ゲストとトシのフォトサロン」を開設しました。毎日更新しています。いろいろな写真をご鑑賞ください。

Ⅰ. H.平野のフォトギャラリー

H.平野のフォトギャラリーへはここから入れます。(青文字をクリック)

NO.126 2017年7月15日 幕張海岸

幕張海岸7.15

makuhari7.15 7月15日の「幕張海岸」をもっと見る方はここからどうぞ

NO.125 2017年7月14日 幕張界隈

幕張界隈7.14


幕張界隈7.147月14日の「幕張界隈」をもっと見る方はここからどうぞ

NO.124 2017年7月 8日 成田祇園祭

成田祇園祭7.8


成田祇園祭7.87月 8日の「成田祇園祭」をもっと見る方はここからどうぞ


  
Ⅲ. トシの花図鑑
トシの花図鑑はここから入れます。(青文字をクリック)

''part.1 江戸川周辺に咲く花 (途中の花)の掲載数は430になりました

part.1 江戸川周辺に咲く花 (途中の花)はここから入れます。(紫文字をクリック)''






a:92909 t:22 y:31

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花