巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

yukihime26

雪姫

作者 バアサ・エム・クレイ女史 黒岩涙香 訳 トシ 口語訳

since 2023.10.07

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください 。

文字サイズ:

a:82 t:1 y:0

         第二十六回‎ 「化して一塊の石」

 「左様なら春川さん。」
と、早や告別の言葉を延べて、清子の差し出している手をば、春川も「左様なら、清子さん。」と答えて握りしめたが、唯だ此の一握りが、二人の間の最後かと思うと、離すに忍びず、離されるに忍びず、早く離して立ち去らなければと、心には思うのだが、身も肉もその心に反抗する様に波立って、自ずから引き寄せられている。

 春「清子さん」
 清「春川さん」

 残り惜しさに呼び交わす声と共に、何時しか左右両手をまで取り合って縋(すが)り合う様子は、目に見えない、一種の絆で堅く縛り合わさているにも似て、引き裂けば、血が出るのではないかと疑われる許りである。

 清「春川さん、次の世でお目に掛かります。」
と細語(ささや)く声が、僅(わず)かに清子の唇から洩れると、
 「ハイ、天国では必ず夫婦です。」
との声が、春川の口から出る。

 言うも言われるも、夢の心地で、若し此のままに、捨てて置くならば、化して一塊の石にもなるのではないかと思われたが、このようにしていては、切りが無いと、清子が先ず気が附いて、手を解くと、春川も非常にゆっくりと腕を引き、更に、

 「左様なら」、『左様なら』と言い交わすのを、全くの最期と為し、春川は蹌(よろ)めいてここを去った。
 去りつつも春川は、再び見返る事は出来ずに見返えらず、必ず心が弛んで、清子の許へ馳せ寄るに至ることを恐れ、清子も又、首を挙げて見送る事は出来なかった。

 見送れば、必ず引き留め度い心が起こるのを恐れ、
 「此のまま再び、何所をも見ずに、ここで死んで仕舞うなら、却(かえ)って幸いであろうのに。」
と呟(つぶや)き、幾時間か首を垂れ、身動きをもしないのは、真に死を祈るかとも見えたが、頓(やが)て又口の中で、

 「悲しみに死ぬなどと言うけれど、是ほどの悲しみに逢い、まだ死なないとは、アア是より上の悲しみは、此の世に在る筈がないから、私は悲しみで死ぬ事は、出来ないと見える。未だ天が引き取って下さらないのか。」

などと呟き、重い身を起こして立った。最早や私には、人生というものは無い。世間にも出るべきではない。
 全く死人も同様に、世の人と隔たって、余命を送らねばならない。

 世間に出て、見つ聞きつ又見られつ聞かれつするのは、再び悲しみを招く元である。父上が如何(いか)に言おうとも、又如何に怒り給うとも、生きながらに死人となって、一室の中に長い此の後の身を、葬るだけだ。

 是と言うのも、全く私の一旦の過ちから来た事だから、誰を恨むことも無い。若し彼(あ)の過ちさえ無かったならば、思う人の妻と為り、世に例(ためし)とて無い程の、嬉しい生涯を送られる身だったのに、それが却(かえ)って、これ程までの憂き目に逢うとは、アア過ちの酬いは恐ろしい。

 此の上、再び過ちを犯さない事が、身を守る道なれば、過ちの来るべき道のない一室の中こそ、安穏であるけれど、殆んど尼寺に入る心地で、心の中に此の世の一切に対し、
 「さらば、さらば。」
と暇(いとま)を告げつつ、我が家を指して歩いて来た。

 家の内から、チラリと此の様を見受けたのは、友子である。友子は清子の歩み振りが、只ならないので、若しや病気かと疑って、立って来て、縋(すが)らせる様に、清子の手を取ったが、

 清子が一語をも発せず、又その青ざめた顔を、上げもしないので、大凡その様子を察し、深き憐れみを催したので、自分も同じく無言で、清子をその部屋まで送り、部屋に入れて、先ず入り口を鎖(とざ)して置いて、

 「清子さん、どうしたのです。」
問われて清子は、途切れ途切れの泣き声で、
 「もう友子さん、私は世間へも出ませんから、どうか世間と私との間に立ち、私の身を守って下さい。」

 友子はその親切な天性から、
 「ハイ、再び世間へ出たいと仰る時までは、ーーー。」
 清「世間の言葉が、私の耳に達せず、私の様子も世間へは聞こえない様に。」

 友「ハイ、良く分かりました。貴女と世間との間に立ち、暫(しばら)く隔てと為って上げましょう。ですが清子さん、貴女は春川さんを断りましたか。」
 清「ハイ断りました。あの方はもう、此の家を立ち去った筈ですが。」

 友「ハイ、父上に何事をか話たまま、私へは暇(いとま)も告げずに去りましたから、どうも様子が宜しくないと思って居ました。けれど貴女は、彼(あ)の様に、春川さんを愛して居らしったのに、先ア何の為にお断りなさったのですか。私どもには更に合点がーーーー。」

 清「もう問うて下さるな。春川さんの事は、猶更(なおさ)ら私の耳へ入れず、私の口からも出ない様にさせて下さい。」
 友子は再び問おうとはせず、何事も私が良く心得ましたから、貴女は先ず落ち着いて、暫(しばら)くがほどは、お寝(やす)みなさい。

 オオ、オオ、瞼を膨(は)らして、目の中まで赤くなって居らっしゃる。何も心配しない様になさらないと、病気になります。ナニ阿父(おとう)さまは、きっと御立腹でありましょうけれど、私が良く宥(なだ)めますから、サア心静かにお寝みなさい。」

と言って、看護婦も及ばない程の注意で、清子を寝させて、自分は引き返して、清子の父、良年の部屋へ入って行った。



次(第二十七回)へ

a:82 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花